2010年04月10日

いい加減お別れして、卒業する時がきたんだなと思う。

部屋に残すのは一軍だけ。っていうのを頭に、連日掃除し続けてやっとまともな部屋になった。
よく考えてみたら、一軍なんて部屋にはほとんどなかった。
結果、TV、PC、ストーブ、布団を除くと、部屋に残った家具は数点。
死んだオカンがリサイクルショップで買ってくれた子供用のタンス。
タンスなんて正直、ズボラーな私は全く使わない。
でもオカンがタンスの片側をドレッサーみたいに改造してくれてて、それ見ると捨てられなかった。
それと、小学校あがるときにオカンが作ってくれた勉強机。
言葉通り、オカンが粗大ゴミ置き場でスチールのデスクを拾って
それをきれいに磨いて、ドリルで棚付けた上にピンクのペンキまで塗ってくれた。
(こう書くとボロそうだけど、うさぎのティッシュケースとかピンクのライトも付けて可愛く作ってくれた)
ソファーベッドも、子供の時にオカンがリサイクルショップで買ってくれて、
もう真ん中がくぼんでハンモックみたいになってるんだけど、
ヘルニアになって通院しても、捨てるって言う考えが頭に浮かばなかった。
本棚も同じ。
あとは、死ぬ少しまえに天井近くにオカンが付けてくれた棚。
中学にあがるとき、私が部屋が狭いって言ったから付けてくれたんだと思う。
ビデオテープをしまってたんだけど、よくみると
落ちないように、何重にも保険かけて凄く頑丈に固定してある。
オカンとはあんまり会話した記憶がないけど、こう言うのを夜勤の傍ら、
何時間もかけて作ってくれたんだと思うと、外したくなかった。
タンスも本棚も棚も机も、中身は捨ててしまったからもうない。
いい加減お別れして、卒業する時がきたんだなと思う。
昼間、子供用のタンスとベッドと、デスクの棚を外して捨ててきた。
床から見る天井が近くて、部屋ががらんとして、違う部屋みたいに感じる。
新鮮だけど寂しい。
明日は本棚と棚を捨てようと思う。
オカンありがとね。
_____O_____ __ _ _
    o
   。
(*゚ー゚)
切ないなー。。。

posted by しー at 08:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | (´;ω;`) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。