2009年09月03日

人懐こいノラ

数年前の実話です。
夜遅く仕事から帰るとウチの猫が脱走していました。
疲れていたけど、いてもたってもいられず、心配で探しに出かけました。

深夜の自宅周辺をアテもなく探しまわり、猫影をみつけては小声で名前を呼び、そして逃げられました。
いつまでたっても見つからず、最悪な想像をしてしまい途方に暮れて道路に座り込んでいると、
1匹の人懐こいノラが近寄って来ました。

わたしはその見ず知らずのノラに、
うちの猫の名前は○○だということ。
その、わたしの命より大事なウチの猫が行方不明なこと。
ウチの猫はずっと家の中で育ったので外が危険だと、きっと理解していないこと。
きっとお腹が減っているだろうということ。
見つけたら教えて欲しいこと。
等、真剣に相談しました。

そのノラはわたしの話を最後まで聞くと、何も言わずに去っていきました。
いま思い出しても、何故そんな風に話しかけたかはわかりません。

少し休んで、再びぐるぐると何度も家の周りを捜索していると、
さっきのノラが近寄ってきて、少し離れたとこで背中を向け、じっとわたしを見つめてきました。

まるで「オレに付いてきな」と言われてる気がして、ノラの後について行くことにしました。
自宅から1分もかからない、草むらに案内され、その猫が立ち止まった所へ行くと、ウチの猫が転がっていました。
首輪に片手をひっかけ「タスキ掛け」の状態で歩けず、力尽きたようです。
弱々しく「ニャー」と鳴くウチの猫を抱き上げ、お礼を言おうとまわりを見ると、
すでにそのノラは立ち去っていました。
_____O_____ __ _ _
    o
   。
(*゚ー゚)
惚れる。これはイケメンネコだわ。。。

posted by しー at 15:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | (´;ω;`) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。